抜きます



王子あごが小さいから歯の数を減しましょう

歯科へ定期検診へいくとこういわれた

自力でもう2本は抜けているので

抜歯という言葉には恐怖はないようだった

麻酔を軽くしますっといわれ

私は下山したついでに用を済ませたいので

ダッシュで外出してきますーーー

っと言い残して歯科をでた。




1時間経ってしまった。。。

おそるおそる歯科をのぞくと

待合室にいる王子発見!!!!

ん?泣いてるのか?




ただいまあー

遅くなってごめんねーーー



まま。遅かったよ。。。



ごめんごめん

どうだった??がんばれた?




しゃきーん!

王子が手首にぶら下げているケースから歯を見せたくれた

ほら!



わーーー。

すごいね

がんばったね



うん。。。

でもどうして歯を抜いたの?

まだ抜かなきゃいけない歯もあるって先生言ってた

僕ね

いたかったんだ本当は。。。泣




そーなの?

でもよくがんばったよね

なんで抜かないといけないかというと

椅子取りゲームみたいなイメージわかる?

いすが10個しかないのに12人のお友達がいすを取り合うの

みんな座れないよね?二人余っちゃうよね?

そんな感じ。



あー。そうなんだ。わかるわかる。

今日は運動もお風呂もあんまししないほうがいいって先生言ってた

体が温まると血がでるかもしれないって。



よく王子がんばりました

我慢したのだろう

話している王子の目はウルウルして少し赤かった

私が王子の気持ちを考えすぎて泣いてしまいそうになってしまった

たかが歯ですが

きれいな歯並びを

磨き残しの無いような歯並びを

虫歯にならないように

親の責任ですので

がんばります
<< 地震雲 珍事 >>