再び阿蘇へ!



阿蘇へ最近よく行きます


ようやく道もわかるようになりました。


熊本へ来た頃は


阿蘇までの行き方知らず


阿蘇市と阿蘇郡があることに


疑問を感じたり。





しかし


もうわかるようになりました。


今回は



カブトムシ取り!




しかも誰のため?


王子だけのための旅。


阿蘇はまだ涼しくてカブトムシいないぞ!


と、情報を得たあたくしたち


さささ~と冷や汗。


絶対みつけてみせる!




早く起きないとカブトムシみつからないらしいよ!




興奮気味でなかなか寝れずにいましたが


いつも早起き王子は


やっぱり一番に起きて


真っ直ぐ歩いて


すぐに


着替える。


いつもこれ。


スゴいんだな~低血圧ではないはずねたぶん。




薄め目で様子を伺っていると


そわそわしてる


早く起きてくれないかな~だれか。


窓から外を見ながら


こちらを振り返り


溜め息…まだ起きない。


ガタガタ音を立て始めたので


コウがむくりと起き上がった。


王子近寄り


[オハヨー!]


まだまだ寝たふりをしていると


どうにかして私達がおきないものかと


試行錯誤している姿が可笑しく


私は吹き出してしまった


負けだ。




まま!早く行かないとカブトムシがいなくなっちゃう。


御飯食べてから行かないとね。


あ~。どこにいるのかな~。まだいるかな~お腹空いたな~
早く食べてお外行きたいな…まだかな~パパ起きないかな~



ブツブツとにかく独り言の王子。



  ~時間経過~



漸く準備ができ王子たちは出発!


私はコウと留守番になった。




   ~かなり時間経過~




ママ~。


遅かったね。心配しちゃった。


ごめんなさい。


いなかった?カブトムシ。


ジャジャン~!


わぁ!小さいの沢山いるね


ママ。これはねクワガタのメスなんだよ


そうなの!クワガタがいたの!


↑数日前王子はクワガタいらなくなったと言っていたよな…
 僕のことをバサ!とみるから。と。





しかし


良かった良かった


来たかいがあった。


手ぶらでかえるわけにもねぇ




ところで


誰が見つけたの?


僕だよ!僕がね これくらいの木があってね それからね…


話し出したら止まらなくなり


息をするのも忘れ説明してくれた




このまま


お山にいたいと駄々をこねましたが


また行こうと説得。





子供には最高の場所


自然の中で子育て


また山に戻りたいね




余談ですが



王子がパパの採ってきたカブトムシをみて一言






パパ。これはカブトムシじゃなくて





カナブン。







笑(*^_^*)
<< 赤ちゃんが 1歳 >>