何が正しいのか。。。


なんとか阻止しようとした市民(baby連れのママも)


これをみて


がんばった!っと思う人もいれば


何やってんの?っと思う人もいる。




知識というものはとても怖い


知れば知るほど


このことに対しては恐怖が生まれてくる


わずかな前例を参考に判断するしかなく


必ずしも安全とは誰も言わない


だから


自分たちで判断し決断し


生きていくしかない。





個々の選択。



誰の責任でもきっとなくなるのだろう




何年後か


あのとき安全だって言ったじゃないか!!!


っと叫んだところで


誰も相手にはしてくれないだろう





子供たちの未来を自分が壊すわけにはいかず




可能な限り


受けずに過ごせるのであれば


私たちはそうする
<< 魔の2歳 複雑 >>