叱り方

外出先での出来事

「ここにいたの!」

「探したのよ!どうして1人でいなくなるの!」

「どうして?どうして?聞いてるの?」

「ママの目を見なさい!」

「どこをみてるの?こっちを見なさい!聞いてる?」

3~4歳位の女の子とママの会話です

「知らない人にあなた連れて行かれたらどうするの?

痛いこともされて 包丁で体を切られて

血が沢山出て死ぬのよ!それでもいいの?」

「ほら!みてごらん!恥ずかしい!皆見てるじゃない!」

「殺されてもいいの?ね!」


しばらくこのような会話が聞こえてきてました


女の子は自分の欲しいフロアに移動してきたらしい

パニックのお母さんは大慌てで大声で叱り

子供は自分のしたことよりも

お母さんの様子にビックリしていた様子


お母さんのとどめの台詞は

「せっかく買ってあげようと思っていたけど

もう朝から今日はなんで言うこと聴かないの?

もう何も買わないから。さよなら!」

ギヤ~!!(泣き叫ぶ女の子)


自分も子供がいるのでよくわかります

冷静に判断したら

誰が悪いか?と考えたら

お母さんだと私は思います

目を放した隙にと言う一瞬の出来事

しかし目を放した保護者が油断したわけですね

手を放したこと


王子もよくいなくなります



なるだけ近くにいてくれそうな

理由を作りながら

一瞬にかごを持ってくれる?とか

品物を見ながら飽きない会話を必死に

しながらお買い物します


日本はとても平和だとダ~リンはいいます

誘拐事件や強盗事件など他の国に比べたら

少ない!

子供がひとりで道を自転車に乗ってる!


ありえない光景らしいです


子供を安全にのびのびと暮らせる環境

日本もそうではなくなるのだろうか…
<< 叱り方 2 めまい5 >>