<   2012年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ガーデニング



暑さで唯一元気に育っているのは



あなただけ。




d0339888_11564844.jpg





大好きなシソをどうにか増やしたいが



暑さと



ヘッピリムシ(方言?)にやられっぱ。




d0339888_11564809.jpg





オクラはもうすぐ収穫!と



目の前で枯れ始める




d0339888_11564823.jpg





なかなか畑とは違って難しいな。

家族の名言 王子編



くわがたもカブトムシとは別に


王子は飼っているのですが


カブトムシとクワガタの本をず~っと


見ては「あ~お山に行って捕まえたいなぁ~」


っと言っていました


毎日朝起きると外に出て


カブトムシとクワガタにおはようとごあいさつがてら


様子をうかがいにいくのが日課なんですね


毎朝報告をしてくれるのですが


ある日王子はこう言いました



「まま~。くわがたいらない」


「逃がしても良い?」





「え?あんなに欲しいって言っていたのになんで?」




「んんんっと。ええええっと、、、、」




「どうして?かまれた?」









「だってぇ。いつもクワガタのところに行くとね



 バッとぼくの顔を見るんだ。だからそれがいやなんだ」






なかなか想像がつきませんでした


嫌な理由。


面白くっていつかそっと後をついて


びっくりしている王子をみたいものです 笑

支援物資の受付先



遅くなりました


支援物資の受付先がわかりました!


阿蘇市役所 健康福祉課

〒8692695

阿蘇市一宮町宮地504 -1

飲料水

保存食

新しいタオル

新しい洋服

新しい下着



生活用品




皆さんよろしくお願いします



二回目に届けに行ったときの


写真アップしばらく待ってください

大失敗しました



初めてのパン作り


大失敗しました


なにが?


膨らみませんでした(@_@)


熊本が暑いから?


どんなわけ?


考えでもよくわからないので


悩んだあげく取った行動は。





しゅりちゃんに聞いてみよう!





シュリとはなんとパン教室の先生も


していたことがあるという


15才位からのお友達。


もうかれこれ20年以上経ちますわね


\(><)/ギョッエ~





ひさしぶりに連絡してみたら


まあまあ初心者のあたくしに


とてもわかりやすく教えてくれました


笑えませんが


強力粉ではなく薄力粉を使ってしまったり


ど素人もいいとこですね


粉は同じじやないのか!


コネ方とか。


なんだか奥が深いわけでね


しばらくパン作りに専念します


きっといつかは膨らむんだ!


膨らんでくれ!




ちなまに


あたくしのすきなパンは



●米パン

●クルミパン

●ライ麦

●クロワッサン



色々入ってるのは食べれません

シンプルがすきです




また。

クイズの答えは



カブトムシが飛んでいった


でした。


まあ羽があるから飛ぶんだろうとは


思っていたのでしょうが


まさか


目の前で!だったのでしょう。


しかしですね


ダーリンは




「カブトムシが飛ぶなんて知らなかったんだ」




と、言いきりました



笑っちゃいましたが


日本だけなのかな~?


カブトムシでこんなに盛り上がるのって


とも考えました。


カナブンみてダーリンは王子に



「お!!!ここにもカブトムシがいたぞ!」



っと言うそうです


王子が私に言いました。



「パパはカブトムシもカナブンも同じだって思っているんだ」



わっはははははは



親子の会話が面白い。



そんなわけで?



今王子とパン作りしてます


しかも


あたくし


初めてなんでございますのよ。


いつもおいしいパン屋さん探しに励んでおりましたが


よし!夏休みにつくってみよ~!


こんな具合でこの猛暑のなか汗だくで


生地をこねてみたりで。


なかなか王子は楽しんでます


また写真upしますね


失敗しませんように。。。。

朝から大号泣の巻



朝から大号泣の王子


何が起きたと思いますか?


さて問題にしましょう



1  おもらししちゃった。。。。


2  Suに朝ごはんを食べられた


3  カブトムシが飛んでった


4  お気に入りの服がお洗濯中だった




さ~てどれでしょう。


ほんじゃ後ほど。

2才児 言葉



王子とSuが玩具の喧嘩を始めました


王子はいつも


「僕が先にみつけたんだもん」
「僕が先に遊んでいたんだもん」


こういいます


昨日二人が喧嘩をした際


Suの発した言葉に私は感動しちゃいました


(私はキッチンから見ていない振りをずっとしていました)



わ~~~~っと泣き出したSuは




「。。。もう。。。。パパに言ってくるぅ。。。。」




初めてです


自分がされたことを人に報告をする予告です


いつもなら


泣きながらわ~~~~!兄ちゃんがバンってしたぁ~~~


っときますが


王子に対して聞こえるように言ったんです


「パパに言ってくる」っと。



私は面白くて面白くてそっと跡をつけSuがどうするのかを


みてみました。


パパのことろへ行って話しをするかと思いきや


さすがSuですね


ぱぱの隣に座ってくつろぎ始めました


もう王子とのことは忘れたようです^−^ウケル



まだまだ2歳ですので


言葉は少なく


本人もなかなか伝わらない苛立ちもあります


しかし


日々言葉が増え


文章になり


時には私の言葉を真似をしたり


本当に女の子は面白いです




この猛暑


ぽっちゃりのSuには過酷の暑さで


おでこがあせもで大変なことになっています


産毛?まだ伸びきっていない細い前髪とでも


いうのでしょうか


それがべったり汗でおでこにへばりつくので


あげるにしても短くて収まらず


ぬれたタオルでこまめに拭いてあげるしかできません


しかし


暑いですね





みなさまもお体大事に。

阿蘇へ二便目行ってきます



今日は快晴!


雨はないです。


安全運転で行ってきます!


今回は新品Tシャツ2箱もあります


タオルも車にいっぱいです


無事に届けてきます




じゃ。

11ヶ月 言葉



コウが話し始めました!


と、言うより


声を出しはじめましたかな。


いないいない~というと




バ~!




と、いいます。(*^_^*)



たまりません。



たまらなく可愛いのです。



suとはいつもかくれんぼして



suと一緒に




バ~




しあってます



ママ?パパ?


とも聞こえるときもあります


これには


三人目とはいえ


幸せすぎて


にやけます。


幸せにしてくれますコウちゃんは。





子供は素晴らしい!


元気をくれます




感謝。

☆物資☆届けてきました!



往復


嵐のような天気の中のドライブでしたが


無事阿蘇までたどり着けました


視界が本当に悪くて


怖いドライブでした





知人の友人宅にまず




d0339888_11564931.jpg





阿蘇は本当に詳しくないので


どこにまずは行けばいいのかわからず


まずはとにかく現場を見ないことには


何も始まらないだろうと思い


今日は知人の迫さんのナビで行ってきました


氾濫した黒川の近くに家のあるお宅は


一階はもう泥ですごい状態、、、


そうそう


話がしっちゃかめっちゃですが


王子の学校に声をかけて


保護者の方々からタオルを寄付していただきました


ありがとうございました!!!!!


それらを持ってあたくし阿蘇へ届けました


しかし


言いだしっぺなのでやらねばならぬことは


なんだか多かったのですが


昨日の猛暑の中の


タオルの仕分けが一番大変でした


これは


支援物資として届けたとしても


行った先で誰かがしなければいけない作業に


なってしまいますので


あたくしがんばりました


古いタオル


古いバスタオル


新しいタオル


新しいバスタオル


この4つに分けてみたわけです


この暑さ阿蘇は山とはいえ暑いのです


きっと新しいタオルでのお風呂は


喜んでもらえるだろうと思いながら仕分けしました


なにが本当に必要なんだろう、。、、


この暑さ


食べ物も日持ちがしないだろう、、、


おなかすいていないかな。。。


おせんべいとかだったら多少は日持ちするかな。。。


自分だったら、、、?


なんていろいろ考えながらただ黙々と


これは新しいタオルで~


これはバスタオルで~古いやつで~。


まあ


今日の阿蘇の話に戻ります


知人の友人宅近所の方たちにまずは渡しました


町営住宅は2階まで水に浸かったそうです、、、


信じられないほどの高さです


近くにもタオルを私に行こうと思ったのですが


避難所ですごしていらっしゃるのか


住宅街に本当に人がいませんでした


今日のようにまた雷とともに豪雨になったりする


日がけっこう続いていますので


なかなか作業が進まないそうです


そして


泥も火山灰が含まれていてとても重くて運べないそうです


若い家族がいる家庭はいいけども


高齢者のお宅はどうしようもできないと。


どういう順番でこれから行政が支援していくのか


とても気になります


あと


保育園や幼稚園も浸水してしまったとのことで


関係者の方が私たちの所までタオルを取りに来られました


まだまだ足りるかわからない量ですが


ないよりは本当にありがたいとおっしゃっていました


お昼寝用のお布団も泥だらけで


西松屋にやっと買いに行きましたと。




d0339888_11564637.jpg





そして次は


病院へタオルを届けに寄りました


途中2階まで浸水したホテルもあって


大きな重機でたくさんの方たちが作業されていました


私が行った病院も1階は全滅で


外来も来週月曜日から再開できるように


みんなで一生懸命頑張っていますと話してくれました


そしてどうしても私が行きたいと行って


案内していただいた場所があります


それは避難所。


家には帰れない方たちが生活をしている


物を取りに帰りたいけど危険区域となり


ここにいるしかない。。。


家には住める状態ではない。。。


過酷な環境の中この暑さ


共同生活で様々な問題もきっとあることだと思います


そして


いったい何が必要なのか?


耳にした話はあまりにもつらかった


4人で1つのお弁当。


食べ物が足りていない!


冷蔵庫もないのでキープできないからこの時期の


食べ物は気をつけなければ食中毒など


別の問題も発生してしまうことになるので


これも難しい問題、


行った先では受付に役所の方が机を並べていました


ここはもう満員で新しく来る方たちには別の場所を


案内しているそうでした


私は直球で聞きました


何が足りませんか?


「。。。。お茶とか」


あの、、、この猛暑で着替えなどは足りていますか?


「んんん まああったら」


ほかには?


「特に。。。あ~下着類が数が少ないくらいですかぁね」



え?????




下着あるの?知らなかったし聞いてないし。え~下着あったの?




私達の話が聞こえたのでしょう


近くにいた女性が怒り始めました




私はそっともう失礼いたしますっと


この場を去りましたが。




私が思うことは


何でもそうです


直接自分の目で確かめないとわからないこと


たくさんあります


私は今日自分で小さな力ですが


阿蘇まで行ってよかったと思っています


どこかにお願いしてタオルでも服でも物資を届けてもらうことは


簡単でしたが


私はこの女性の怒りには同感です


支援物資はきっとたくさん届いてはおるのでしょうが


行き渡っていません



ここなんです!


私の家族にもわざわざ阿蘇まで行かなくても、、、


っと言われましたが


私は行ってよかったと思いました


直に渡せて


何が不足しているのか


直接の声が聞くことができ


自己満足かもしれませんが


本当によかった。






今日は車が見えなくなるまで皆さんに手を振って


ありがとう


と見送って頂きました




d0339888_11564624.jpg





また行きます!物資持って。





そして


今日阿蘇まで同行してくれた姉にも感謝します


ありがと。ゆうちゃん。