2011年 05月 29日 ( 1 )

叱り方 2

そこで

どう叱るか?

叱るときどうしても自分の発散も

入ってしまいがち。

あーもう!こんなに心配して

走り回って探した自分。

か~!っとなってしまう。

いい子って?

なに?

家族から私は子供に甘いと言われる

つまり叱らないらしい

私は叱ることはあまり好きではないが

私なりに叱ってるんだけど。

静かにしなさい!は嫌いな言葉

子供に静かにしろ!なんて無理な話。

小さな声でお話してみようかな~とか

違う言い方は沢山ありますね

あと

危ない!もあまり言わない方がいいらしいです

これは私はよく言ってしまうようです

これからしよう!としていることを

止めてしまう言葉。

怪我する前にどうにかしなきゃっと

思う気持ちであるのだけど

これも子供の成長を邪魔しているよう。


よく子供を観察しながら

子育てしてみると

また違う形での楽しみが生まれる


なかなか自分の時間もなく

ただただ子供と過ごし

特に楽しみもなく

いったいこの先どうなるのかしら…?


楽しいだけではないです 子育て。

楽しさ半分大変半分かな。


なるだけ叱らずにいたいので

本を読みながら

私自身も母として学びます

子供も新しい人生

私も母として新しい人生

互いに未経験なわけだし

失敗もある

完璧はないから時には涙もok


言い方一つで子供も態度はかわる

大人だってそうよね

頭ごなしに言われるより

わかりやすく丁寧な言い方だと

反応違うしね


まだまだ学ぶ事は沢山ありますね(^_^)